千羽鶴はもう折らない
2012/01/01(Sun)
皆さん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年同様、ネット上では、twitterを軸として、facebook,mixi,そして本ブログの
エントリーが、ほぼ完全に相互通行するように設定してあります。
昨年、facebookに登録してから、そちらでのやりとりがメインとなりつつありますが
なるべくまとまった内容を本ブログにアップしていきたいなあと思ってます。
実際はtwitterの垂れ流しがほとんどになっちゃってますが。



さてさて、けっこう久しぶりに紅白歌合戦を、断片的にではあるが観た。
予想通り、震災復興を気にしすぎた、辛気臭い番組になっていた。
twitterでも書いたけど、その歌を聴いて励まされたり癒されたりするかどうか、は
聴き手自身に委ねるべきである。だから、さあ東北の復興がんばろう、ひとつになろうだの、
絆を信じようだの、あーだこーだわーわー、感動の押し売りはやめてほしい。

同じトーンで感情を塗り潰すのは一種のファシズムだ。ファシズムになれれば
まだいいが、どれもこれも弱弱しくて、見ててもなんか届いてこない。

それに、必要なものがたくさんあるのに、また、千羽鶴が入ったダンボールが届いた
時の違和感、とでも言えばいいんだろうか。結局千羽鶴って、鶴を折る側の
自己満足の結果を相手に押し付けてるだけで、断ることも否定することもできない
厄介なものの代表だが、今回の紅白は、千羽鶴のように歌い手のエゴが先走って、聴き手が
本当に元気が出るかどうか、首を傾げたくなるものが多かった。

そんな中、僕が見た中で一番よかったのはレディ・ガガ御大である。
なんかもう、画面から放射してくるエネルギー量が桁違いだった。
千羽鶴をおろしてミラーボールを取り付けたような。

とにかく今回の紅白のように、去年の震災の件では、メディアは判でついたように
きずな、信じる、頑張るのキーワードで塗りつぶし、国民をいまだ千羽鶴折りに
集中させることで、大事な問題から遠ざけているように思えてならない。

今年は、自分のやっていることは千羽鶴折りではないか、自己チェックし
ミラーボールを取り付けることを自分に課したいと思った、大晦日~元旦の私
なのでありました。
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
discovr
2011/09/28(Wed)
最近ipadをつついて遊んでますが、このdiscovr new musicってアプリがおもしろいです。
動画を見てもらえば一目瞭然ですが、自分の好きなミュージシャンに近い、別のミュージシャンを
芋づる式に紹介してくれます。youtubeですぐに動画も見れる。






とはいえ、「おお!こ、これはっ!!」と思える新しいミュージシャンには
なかなか出会えていません。
「ゆらゆら帝国で考え中」のPVがやはり、世界で一番かっこいいです。

この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベイビー死ぬほうがまし、あなたとわたしじゃないなら。
2011/09/23(Fri)


Lady Gagaがピアノ一丁で歌い上げる[ You and I ]
ミュージシャンとしての彼女のポテンシャルは、間違いなく今現在世界トップランカー
であることが堪能できる、秀逸なアンプラグド収録。同時代に生まれたことに感謝したくなります。
普段の変なくつ履いたまま弾いてるのがまたすごい。(1:40~)
3:50くらいからの盛り上がりにも鳥肌。


オフィシャルはこちら ↓
歌詞はここ。
きょう結婚するらしい、落語大学後輩の、トロッコくんとぴかりさんに捧げます。




この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミュージック・リスタート!
2011/06/16(Thu)
おくればせながらスマホを予約しました
auのxperia acro 手に入るのは恐らく7月中旬以降です

もともとiphone4が、肛門から手が出るほど欲しかったのですが
諸事情でauの契約が切れないため、泣く泣くあきらめてました
ほんでもって、スマホに乗り遅れたauが、やっとこの夏モデルから
欲しくなる端末を出してくれた。

それから、割と音楽好きの僕の決定打となったのが、LISMO unlimited

スマホからクラウド接続し、洋楽中心の100万曲が、月定額で聴き放題。
普段から、音楽に接する機会がだんだん減ってきている人間にとっては
めちゃめちゃうれしいサービスです。

経験から言うと、音楽にしろ、映画にしろ、本にしろ、それなりの時間と
熱意と、そしてお金をかけないと、一生の伴侶にできる作品には
なかなか出会えない。
駅のホームで思わず泣いてしまう一曲に、月1480円で出会えるのなら
安いもんである・・・
とここまで書いて、定額の料金1480円を確認するためにauのサイトを
見たところ、本サービスの対応機種は

●5. 対応機種

IS03、REGZA Phone IS04、IS05、AQUOS PHONE IS12SH、AQUOS PHONE IS11SH、REGZA Phone IS11T、G'z One IS11CA、INFOBAR A01


だそうですわ。

えー、


あれ?


おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおいっ!!
xperiaはっ!!
xぺりあはどうしたっ!!!


この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無間地獄
2011/05/12(Thu)
テレビで久しぶりにaikoを観た。
いまどき、美人でないと、あやまんJAPANはおろか
素人ものの人妻AVにも出られないご時勢にもかかわらず、
元祖ブスかわいいルックスはあんまり変わってなかった。

(ブスかわいいのフォロワーの最大の成功例は、誰がなんと言っても
 いきものがかりのボーカルである)




本人がこれだけ恋愛の歌を歌い続けているのに、なんとなく薄幸な
イメージがつきまとうaiko。

恋愛と幸福とは必ずしもリンクしていない。

本当に見境なく恋をしてしまうと、その後の幸福とか打算とか
全部蒸発してしまい、脳の中が真空になるものだ。
たぶんaikoは恋の歌を書き続けないと、歌の形で排出しないと、
きっと気がふれてしまうのだろう。
それは才能とか、センスとか言うレベル以上の、「性」とか「業」
に近いものである。

だから、aikoにサブネームをつけるとすれば、「恋愛無間地獄」である。
aikoはこれからもさまよいつづけるのだろう。ピンク色の地獄の平原を。




時空を超えて一番、鼎談をしてほしいメンツは、小野小町、与謝野晶子、そしてaikoかな。
この記事のURL | 音楽 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
鼓舞する
2011/01/24(Mon)
知らないほうがましだったことは たくさんあるけど
読みかけては印をつけて 閉ざした本に寝そべります
真実は明日も私をきっと泣かせるだろう
でも飛びだして行こう 待ってる人はいないけど
泣き止んでみても 外はもっと雨

甘い思い出と戯れて 唇には反省の歌
悔しいけれどいらない過去で この私は作られています
真実は明日も私をきっとしょげさせるだろう
ほら追いかけていこう どんなに返事がなくたって
追いかけていこう 外は今日も雨

ほら追いかけていこう どんなに返事がなくたって
追いかけて行こう 今日も雨
でも飛び出していこう 待ってる人はいないけど
泣き止んでみても 外はもっと雨
でも飛び出していこう 待ってる人はいないけど
泣き止んでみても 外はもっと雨
そんなもんだろう


            倉橋ヨエコ「今日も雨」





この歌は容赦ない。
しかしその救いの無さに、かえって救われる。
そうだ!きょうも雨だけど飛び出して行こう!
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラプソディー
2010/05/20(Thu)


RCのレアな音源
公式にはライブ盤「ラプソディー」にライブ音源しか残っていない「ラプソディー」の
スタジオ録音(一発テイクっぽい)

ピアノの強調がよけいにかけがえのない、こわれもののようにはかなく美しい感情を
増幅してます。初めて聴いて、鳥肌立てながら泣きました。


キヨシローが死んで、早くも1年以上が経ってしまいました
にもかかわらず、わたしの人生は変わらず続いているわけで

変わった点といえば、音楽をあまり聴かなくなったことくらいです。
キヨシローが死んでからは


この記事のURL | 音楽 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
My Favourite Game
2010/04/25(Sun)
久しぶりにテンプレートを変更しました。
一番上の「all archives」てのを押すと
かなり前の記事までタイトルが一覧できて、
ヒマなのもあって小一時間読んでしまった。




↑ 久しぶりに観たけど、やっぱかっこいい。
  こういうの観るとアイデアって大事だなとつくづく思います。
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チェケラッチョなう
2010/03/19(Fri)
ミュージックファンの皆さんこんばんわ
舞花がキてますYO!
superflyを凌ぐ超粘り腰VOCAL!トルコ風アイスのようです。
女性ボーカル好きは必聴!!
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
踊ってばかりの国
2010/02/27(Sat)



googleのアラート設定で 週1回、設定したキーワード「RCサクセション」に引っかかった
ブログとかニュースがピックアップされてメール配信されるよう設定してあります

きのう入ってきたのが 「平成生まれのRCサクセション『踊ってばかりの国』」
バンド名は ハバナエキゾチカのアルバム名から(自宅にカセットテープがあるはず)
ハバナエキゾチカはバッファロードーターの前身です

評価は皆さんにお任せしますが 個人的には、重たい異名を背負って
この子ら大丈夫かって逆に心配です
確かに声の陰影は清志郎似だと言えなくもないが

ネットで見てみると 元ボ・ガンボスのどんとの息子、ラキタくんともからんでるみたいです
どんと自身はもうずいぶん前にあこがれの国へ逝ってしまいました
(ボ・ガンボスは僕の浪人の頃のアイドル。昔書いたブログの記事はこちら

音楽の担い手がひと世代下になったと実感しました

もともと自分が何も担ってないので 今までと変わらず、だまって聴き続けるだけですが
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ