スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
宮崎口蹄疫は人災である。
2010/05/11(Tue)
報道統制がされてるようなので、あえてアップします。
宮崎の口蹄疫がとんでもないことになってます。
このままでは宮崎の、日本の畜産が壊滅します。
テレビやニュースでは、本件の本質は伝わりません。
肝心なことはマスコミメジャーは黙っています。

皆さん、自主的に情報収集をお願いします。





↓そして地元畜産農家ムッチーさんのミクシの日記

http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1483326716&owner_id=2447771&guid=ON


情報くれたまっく君ありがとう。

スポンサーサイト
この記事のURL | もの申す | CM(1) | TB(0) | ▲ top
アップフロントを糾弾する
2007/03/29(Thu)
モー娘の加護ちゃんが、タバコ吸ってたので、契約解除だって?
ふざけんなー!
この手のニュースを聞くと、もう全くもってへドが出る。
そりゃま、法に触れてるのかもしれんけど、
10代であんなヤクザな業界に身を投じてんだもの、タバコ位吸うわさ。
しょせんは弱いものいじめ・企業の保身だ。

そうじゃない? いや、絶対そうだって。

今までさんざ儲けてきたんだろう?
「我々アップフロントは、加護ちゃんで儲けた金を全て、
 肺ガン撲滅基金に募金しますので、どうぞ加護ちゃんは
 タレント活動を続けさせてやって下さい」
くらい言ってみろっちゅうの。

まあ、そんなことは100%しないだろうし、加護ちゃんに
もっと商品価値があれば、別の形で守るだろうしね。雑誌社に札束積んででも。

この際だから加護ちゃんはいっそのこと、タバコのCMでもしたらどうか。
両切りのタバコをくゆらし、CGで、全身の穴という穴から煙を噴出させながら、
タバコは体に毒よォーっっっ!!!」って絶叫する、公共広告機構のCM。

人気出ると思います。

がんばれ、加護ちゃん。応援してます。

この記事のURL | もの申す | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私はそうは思いません
2007/03/20(Tue)
いよいよ、花粉症が僕的にはピークにさしかかり、朝から晩まで、
鼻をぐずぐずぐずぐずやってます。
やってますかー!全国の花粉症ゥアーの皆さん!
鼻水に加えて、発作的なくしゃみ。
連発でやるので、最後の方は頭がぐらぐらし、思考が停止する。
最近、寒暖の差が激しいので、ひょっとして、花粉症じゃなくて、
カゼを引いたのかしらん、この頭のぼんやり加減は、と思ったりするが、
なんせ頭がぼんやりしているので、そんなことすぐにどうでも良くなり、
またぞろ、鼻に鼻炎スプレーを突っ込むのであった。ブシュー。
グスッ。びえーっくし。か、か、カンニンしてぇー。(女学生風に)



しかしながら、頭がぼんやりしていても、気になることは気になるもので、
たまたま読んでいた梅原猛の随筆集「宗教と道徳」の中で、引っかかる一節が有った。

 「・・・江戸人の好む落語と大阪人の好む漫才を比較すると、落語は話の中に
  ばかな人間を登場させるが、落語家自身は決してばかではないのに対して、
  漫才では、漫才をするその人がアホで、聴衆は舞台の上にアホを見て笑う
  ところに違いがある。漫才にはボケとつっこみがある。ぼけは根っからのアホ
  であるが、話しているうちに、利口ぶったツッコミがボケよりかえってアホである
  ことが分かり、観客は大笑いする・・・」


一見、分かったような物言いであるが、少し演芸をかじった人間であれば
そうとは言い切れんやろ、と言いたくなるようなことがたくさん書いてある。
だいたい何よ、江戸人の好む落語と大阪人の好む漫才って。
大阪人も上方落語好きやっちゅうねん。
次。

  落語家自身は決してばかではないのに対して、
  漫才では、漫才をするその人がアホで、聴衆は舞台の上にアホを見て笑う
  ところに違いがある。
 やと?

これは極論ちゅうか、一般論にすぎるであろう。
まったく逆の演出をしていたり、結果として逆のアプローチを
している演者は、落語、漫才どちらにもいる訳で、
そう簡単に、二元論で語れる話ではない。
落語はこう、漫才はこう、と決めてかかるのは絶対よくない。
この人、さして演芸が好きじゃないんだろう、
と言うのが、この一文でよく分かる。

  ぼけは根っからのアホであるが、
  話しているうちに、利口ぶったツッコミがボケよりかえってアホである
  ことが分かり、観客は大笑いする・・・


この人は一体、いつの時代の漫才の話をしているのだろう。
まるで、狂言の解説に近い古臭ささだ。
ダイマル・ラケットとか、せいぜい、いとしこいしの時代から、
漫才が進化していないとでも思っているのではないだろうか?

いろいろとツッコミを入れながら読んでいると、
だんだんこの人の文章が全部ウソくさく思えてきて、
途中で放り出して読むのをやめてしまった。
金返せー!
  
  
この記事のURL | もの申す | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ああっ!ペコちゃんが街頭で、あたら若い春を売る事態に!
2007/01/23(Tue)
不二家が操業停止になったとて、さして自分の生活に影響はないだろう、
と思っていたが、意外なところであった。レンタルビデオ屋に子供を連れてくと、
支払いの際に、子供に棒付きキャンディーをいつもくれるのだが、
先週からくれなくなり、何だよ経費削減か?と思ってたら
あのアメは不二家製なのであった。
まあ夕方甘いもの食いすぎると、晩ごはん食べやがらないので、
親的にはちょうど良いのだが。

それにしても、今回の不二家のニュースを見てて思うのだが、
まあ、不二家はちょっと度が過ぎてたかもしれんけれども、
だいたい、食品メーカーって、似たようなことは、
多かれ少なかれ、かなりの比率でやってる。絶っっ対にやってる。
個人的には、問題が出ないんだったら、ある程度メーカーに任したれよ、
ごたごた外野から文句言わんと、と思ってしまう。
どうもこの手のニュースは、スケープゴートちゅうか、弱いものいじめみたいな
匂いがだんだんしてくるので、見てて腹立ってくる。

やいのやいの、言ってる方も言ってる方だ。
街頭インタビューで「食べる気がしなくなりました」とか、迷惑顔で
ほざいてる小太りのババア!あんたはしばらく甘いもん抜いた方がええ!
それに、おまえら、普段からそんなに、
消費期限や衛生に神経質に生きとるのか?あ?
買った食い物を、全て消費期限までに100%食べ切って、
1日でも期限切れたものは、
家族の健康を考えて全部捨ててるのか?
そのへんどうよ?

何?企業がそういうことをやるのがけしからん?
違う違う、一事が万事なんですよ。
生クリームを自分の判断で「まいっか」って使うのと、
1週間前のおかずタッパーから出してニオイ嗅いで
「まいっか」って食うのと、何が違うっての?一緒じゃん。
自分とほぼ同じことやってる人間を、ことさらに責めたてる
無神経さの方が、僕は信じられませんわ。

とにかく、何にいらだってるかというと、
こうやって一つコトが起こると、ワーッとあることないこと、
いろいろほじくりだして、そいつだけ悪者扱いする昨今の風潮。
あーきもち悪い。超キモーい。チョキモー。
この記事のURL | もの申す | CM(2) | TB(0) | ▲ top
酔いどれブルースマンが言うことには
2006/12/07(Thu)
昨今の、いじめやそれによる自殺の多発で、新聞とかで有名人が「ああしたらいい、こうしたらいい」っつってるのをよく読むけど、どいつもこいつも大したこと言っていない。と思っていたら、わが敬愛するミュージシャン、夜のストレンジャーズのみうら氏が自分のブログ「でかけようギブソン」でいいこと言ってる。

以下引用。



最近またいじめによる自殺やらの話をよく耳にする。ほんとやだ。
いじめ、それは複数の低脳どもがたった一人のストレンジャーを、低脳ならではのせこいやり方で自分たちが惨めに棲息している次元にまでひきずり降ろそうとする実に情けなくも必死の行為である。

俺が、半人前ではあるが四十前の大人のブルースマンになった俺が、今現在いじめに遭っている幼いストレンジャーたちに言いたいのは

「ほっとけ、もう2,3年であいつらは
お前のスピードには着いていけなくなる。
今お前がさらされている(正に)地獄は
お前のまだ幼い心には荷が重過ぎるかもしれない。
でもお前がお前に出来る事をしっかりやっていれば
連中はすぐに過去になる。
奴らは馬鹿なりの嗅覚で
お前がちょっと違うってのを感づいたんだ。
もう何年かすればお前は旅立つはずだ。
お前がたくさんの胸ときめく素晴らしい経験を積み
いかした大人になっていく間、
馬鹿どもはいついつまでも腰が曲がるまで、
お前をいびった事ぐらいしか
生涯の楽しい思い出に持てない老いぼれとなる。
誰にも見向きもされず、
そこから一歩も出たことのない田舎町、
そこの駅前チェーン店の居酒屋の鼻つまみ者として
一生を終えられればまあいい方だろう。
今お前は繭になれ、
繭に篭ってお前が一番大切なものを見つけろ。
今お前の心を震わす何かがきっとあるはず。
それをしっかり握り締め
馬鹿どもを遠く引き離しぶっとんで行くんだよ。
きっとやれるさ。」


中学2,3年の頃運動が苦手でチビな俺、三浦雅也はひどいいじめにあっていた。毎日が地獄だった。あからさまな暴力に驚いてうつむくだけの毎日だった。死んだほうがましだって思ったりもした。多勢による暴力に太刀打出来ない時はこっちが独りきりなのもあり、こんな目に遭うのはもしかしたら自分が間違った出来そこないだからかもと思い勝ちだ。俺はそう思ってしまっていた。
でもな、そんなことは決してないんだよ。奴らが俺をいびったのはただただ俺が奴らと違うからなんだ。どうしても浮いてしまうってのは才能だよ。誰とも違うってのは素敵な事だぜ。

今こんな俺はオリジナルな音楽をやっている。最高な気分で。てっちゃん、ヨーホーっていう最高な友達と。売れはしないけどいい音楽を。自殺しなくて良かった。だから幼くて独りきりで泣いてるやつらの事が気になってしょうがないんだ。




みうら氏のメッセージはとてもあったかく、
そして、虐げられているものへのアジテートに満ちた、
真のロックンロールだ。
みうらさん、ほんとかっこいい。そしてそのメッセージが、
少しでも多くの、弱きもの達へ届きますように。

この記事のURL | もの申す | CM(1) | TB(0) | ▲ top
スポーツマン精神とは何か
2006/11/23(Thu)
“横しま”朝青龍「横綱の美学」無視に不満の声しきり

なんだ、そりゃあ。
勝ったらいかんのか?反則でもないのに?

そりゃあねー、髷つかんで引きずり回した、とか、
まわしの中からヌンチャクとり出して殴りかかった、とか、
土俵から転げ落ちて気絶している対戦相手の顔の上にウンコした、
とかだったら、「それが横綱のやることか」って
眉をひそめられても仕方ない(仕方ないね)が、
勝ってどうこう言われるのもアホらしいんとちゃう?
ルール内で戦って文句があるんなら、ルールを変えたらどうかね、
「横綱は『横綱相撲』以外禁ず」とか。

とにかく俺、基本的に「スポーツ界」がキライ。
勝ち負けの世界なのに、それ以外の価値観を持ち出されるから。
中でも、スポーツに「美学」うんぬんを引き合いに出してくるやつは、
もう、全員、即、死んで欲しいくらい嫌い。
ストイックにスポーツに打ち込んでる人に対して、
結局いちばん失礼なんじゃないかと思ってしまいます。
俺が時の帝だったら、全員、土俵の下に生き埋めにしてやる。
それからついでにスポーツ中継のあとで、
夢をありがとう」だの、「元気をもらった」だの、
生ぬるいコメントをさらすアホも大嫌い。

それからまだある、「ゴルフは紳士のスポーツです」。
紳士のスポーツ? ダーハッハッハッハ!
紳士のスポーツが聞いてあきれるわ!
紳士だから襟の付いたシャツでないとダメ?
アホちゃいますか、あなた方は。
え?それとも何?紳士ってのは、
酒飲みながらラウンド回ったり、金賭けたり、
下心丸出しで取引先のおっさんと回ったりするのが「紳士」か?
あーもう、死ね。全員死んでしまえ。

相撲が強い。ゴルフ大好き。勝った。負けた。
それだけでええやないですか。
それ以上に値打ちがあるように見せようとするから、
訳が分からなくなってくんだよ。

女子バレーの前にジャニーズのライブがあることの前に、
おかしなことが多すぎるわ、この国のスポーツは。
この記事のURL | もの申す | CM(0) | TB(0) | ▲ top
wake up
2006/10/26(Thu)
「ワールド・トラスト・センター」と「ユナイテッド933」、
この2本の映画だけは、どうにもこうにも許せない。

映画の出来? そんなもん知らん。観てないから。
いくら善人ズラしようが、
美談に仕立て上げて良識に訴えようが、
お見通しなんだよ!

他人の不幸をネタにして、映画で金もうけするのはやめろっての!

邦画やテレビドラマにしたってそうだ。
何?太陽の光を浴びられない病気?
まだ若いのにアルツハイマー?
性同一性障害?鬱?引きこもり?ニート?

はっきり言う、誤解を恐れず、はっきり言わしてもらいますけれども、

  カタワの人間ダシにして、
  人の興味をさそうのは、もう止めにしましょうや。


エスカレートするばっかだって!
「ドラゴンボール」の対戦相手が、どんどんどんどん強くなってく
「対戦相手のインフレ現象」と同じだって!
みんな、刺激になれちゃって不感症になってきてるし。
そんなんばっか見て、「あー、俺大丈夫だ、まだ普通だ」
とかって、安心し続けてるうちに、
絶対、大事な感性が麻痺する。麻痺するって。
「安心」のレベルが下がりっぱなしで、
絶対、危機管理の性能が落ちますよ、人間の。
やばいやばい、これは本当にやばい事態ですよ。
俺、だんだん心配になってきた。

極端な味の料理ばかり食ってると、普通の味が分からなくなるもんです。
この記事のURL | もの申す | CM(2) | TB(0) | ▲ top
テレビつまらん
2006/10/24(Tue)
 晩ごはん食べながら「Qさま」の「飛び込み台から飛び降りなければならないんだけど、あまりの高さにビビっているタレントを見て笑う企画」を見てたけど、どうも面白くない。まったく同じシチュエーションのひとりコントを「Mr.ビーン」もやってたけど、あれ見て勉強した方がいいと思いました。女だらけの飛び込み大会っつってもなあ・・・ひとりくらい、乳のひとつも出してみろっての。

 しかし最近、テレビ見てて思うんですけど、一番組あたりに出るタレントの数が多すぎません?芸人も、お笑いブームだなんだっつっても、けっきょく束で5組10組は当たり前、まとめてスタジオ来させて長時間撮影して、面白いところだけ編集でつなげて笑いかぶせて一丁上がり、みたいな番組が多すぎる。結果として、ピンで番組を引っ張れるタレントがおらず、また育たない。
 いちばん、「くっだらねぇなあ、テレビって」と思う瞬間は、自分達のネタの面白さで這い上がってきたコンビが、知名度を得たと思ったら、くだらないバラエティで適当に笑い取るだけの存在に成り下がっているのを見るとき。あんたら、バラエティの構成員を勝ち取るためにネタ練習してたんか?とテレビに向かって説教したくなる。売れだしたら、そのコンビのネタをテレビで見かけなくなる現象がここ数年特にひどい。トークや企画物はどうでもええ、心血注いだ「演芸」が見たい。
 テレビ局さんよ、ほんとの意味で芸人鍛えんと、マジでみんなテレビ見んようになりまっせ!
この記事のURL | もの申す | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。