Category映画 1/2

「ヘルタースケルター」

No image

「ヘルタースケルター」を観てきた。もう、蜷川実花に、サブカル界で重要なコミック作品の映画化を任せるのは止めたらどうか。前作の「さくらん」も、本作も、原作コミックのファンなので、期待と不安を持って観たのだが、はっきり言おう、ビジュアルのセンスはあっても主演女優の演技を引き出す監督術は持ち合わせていない。演技指導もできていない。蜷川実花は美術監督くらいにしといたほうがいい。でもビジュアルにこだわる割に...

  •  2
  •  0

「おおかみこどもの雨と雪」

No image

「おおかみこどもの雨と雪」を観てきました。なんというか、おもしろかった、というよりか、すごい体験をしたな、という感じで帰ってきました。アニメを見た、というより、今まで全く経験のない体験をした、といったほうが近いように思います。まず絵作りがすごい。アニメーションとCGの組み合わせ方とか、はたまた影絵のような陰影のエッジの効いた星空のの表現とか。デジタルと手書きの融合が、こんな見とれる絵になるなんて。...

  •  0
  •  0

レビュー「ステキな金縛り」

No image

「ステキな金縛り」を劇場で見てきた。三谷幸喜作品を劇場で観るのは初めて。これから観る方も居られると思うので、ネタバレ的な内容は控えますが、私自身はかなり楽しめました。結果として薄っぺらい映画はごまんとあるけど、はなから軽さを狙って、狙い通り軽いと言いますか。変に泣かせようとか、感動させようも無かったし。ちゃんと人間同士の会話でストーリーが進行するところは、さすが舞台出身、最近の映画だともう、アング...

  •  2
  •  0

インプットリスト

No image

ずいぶん長いこと書いてないので大分忘れてるけど、思い出せるだけ。「夜の大捜査線」67年アメリカ。キング牧師の公民権運動で、黒人の権利が確立されているとはいえ、いまだ偏見が根強かったアメリカ南部での黒人刑事と、現地の白人警察官との葛藤。シドニー・ポワチエかっこよ過ぎ。アメリカ近代を知る上でも見るべき。「男と女」むかし大学の映画サークルが上映会やってたのを覚えてる。正直これはきつかった。フランス人はよ...

  •  0
  •  0

C・イーストウッド「グラン・トリノ」

クリント・イーストウッドの新作「グラン・トリノ」が面白そう70超えたじじいがやたらかっこいい日本ではGW公開だそうです(以下は「町山智浩アメリカ日記」から勝手に転載。すいません町山先生。 いつも著書愛読してます)50年間フォードの組立工として働き続けたポーランド移民二世の老人コワルスキ(イーストウッド)は妻を亡くしてひとりぼっちになった。かつて自動車会社の従業員たちのリッチな住宅地だったグロス・ポイ...

  •  0
  •  0

主題歌までは良かったが

No image

今年のドラえもんの映画は「のび太と緑の巨人伝」。今回の映画のオリジナルキャラクターは、「植物自動化液」で動けるようになった、苗木の「キー坊」。 キー坊?関西でキー坊と言えば西川きよしのことなのだが。きよっさん、お笑い番組出てきて、誰でも大げさにほめるので見ててちょっとイライラする。今日書きたかったのは、きよっさんのことじゃなかった、ドラえもんだった。家族4人で観に行ってきた。(最近は「親子ペアチケ...

  •  0
  •  0

NO COUNTRY FOR OLD MAN

No image

コーエン兄弟最新作、アカデミー賞総なめの「ノー・カントリー」が面白そうすぎ。英語分からんのに面白そう杉。誰か観に行かん? ↓先に「ファーゴ」もっかい借りて観直しとこっと。...

  •  0
  •  0

ボニクリ・ボニクラ

「俺たちに明日は無い」をDVDで観た。たしかもう、かれこれ3回目である。時間がもったいないので、同じ映画はなるべく見ないようにしたいのだが、どうしても観たくなって観てしまう。すると、まえ見たときと感想が違ってたりして、それはそれで面白いもんである。 さてこの「ボニーとクライド」は、映画史上有名な、体中に銃弾を浴びて2人が死ぬシーンで、あっさり幕を閉じる。そのあと、ほとんど演出らしい演出もなく、映画...

  •  0
  •  0

「真夜中の弥次さん喜多さん」

DVDで映画 「真夜中の弥次さん喜多さん」 を観た。ビレッジバンガードとかのサブカル系書店で、原作のしりあがり寿のコミックが「絶対読んどけ!」的に崇め奉られているのをチョイチョイ目にしていたが、なんせあの絵柄なので、お金出して買う勇気が無く、結局読まずに来てしまった。誰か持ってへんかいな。映画は原作読んでなくても、脚本と役者の魅力で大変に面白く見た。終盤、「生と死」みたいな重たーいテーマを描こうと...

  •  0
  •  0

「ブリジット・ジョーンズの日記 キレそうな私の12ヶ月」

外したぁー。大はずれや。いや、何がって、タイトルの「ブリジット2作目」のことですわ。いやー、一作め面白かったんで、続編をDVDで観たんですが見事に大はずれでした。1作目は主人公ブリジットの人物描写がそれなりに面白かったんだけど、2作目は、ヒットした1作目に頼りすぎ。人物がまるっきり薄い。怖いですねー、お客さんを舐めるとこんなことになっちゃうんだ。っつーか、レニー・ゼルウィガーのデブ姿出しすぎ。ギャ...

  •  0
  •  0