Categoryお笑い 1/2

THE MANZAI 2011

No image

遅ればせながら録画していた「THE MANZAI 2011」を観た。ウーマンラッシュアワー。恐らく自分自身の経験から作ってるネタだろうけど、ネタはほぼ100%外れなしでした。早口すぎて聞き取れないときがちょっとつらいけど。テンダラーの仕事人ネタ、もうT蔵どんと2人でテレビの前で悶絶するほど笑った。ほかにもスリムクラブとか楽しく観たんだけど、個人的にどうも昔からしっくりこないのは、優勝したパンクブー...

  •  0
  •  0

聖人

No image

爆笑問題・太田の、文化人寄りにシフトしたげなスタンスがウザくて仕方ないまめぞうです。芸人は、面白くてなんぼのもんじゃろが。知識人相手にキレるキャラは、狙いが露骨過ぎて観ていて鼻白みます。芸人は、面白い話ができなくなったら潔くテレビに出るのをやめるべきです。真剣に条例で取り締まってほしい皆、中途半端に居座るもんだから、番組が必要以上にバラエティ化すんだよ紳助も言う割にフリートーク重視だしなあそれから...

  •  4
  •  0

M-1 2008を振り返る

No image

記憶が薄れないうちに、やっぱ書いておきたいなと思うのが、昨年末の「M-1 2008」の結果についてである。皆さんご存知のとおり、決勝はナイツ、オードリー、NON STYLEの3組で争われ、NON STYLEが優勝した。これは評価が分かれるところだろう。僕もこの1週間、NON STYLEが優勝した理由と、オードリーが優勝できなかった理由とを、考え続けていたのだから。(休みで、ほかに考えることがなかっ...

  •  6
  •  0

まめぞうアーカイヴス

No image

引き出しを整理していたら、昔使っていたフロッピーディスクが出てきた。中を見てみると、なくしたと思っていた、結婚式のスピーチの原稿とか落語のネタ帳のテキストファイルが入ってて、その中にあった、結婚して1年の頃に、大学の学園祭期間の寄席「千里寄席」にOBで夫婦漫才で出させてもらったときのネタ帳があった。こんなん、やったこと自体忘れてた。後半がまあまあ面白いので上げてみます。これって自分で考えたんだった...

  •  2
  •  0

ただひたすらに

No image

 ・・・どうかすると立派な男子であると云う品位をさえ忘れて、ひたすら友達や   芸者達に やんやと褒められたり、可笑しがられたりするのが、愉快で   たまらないのです。華やかな電燈の下に、酔いの廻った夷(えびす)顔を   てかてかさせて、「えへへへへ」と相好を崩しながら、べらべらと奇警な冗談を   止め度なく喋り出す時が彼の生命で、滅法嬉しくてたまらぬと云うように愛嬌   のある瞳を光らせ、ぐにゃ...

  •  0
  •  0

Please make me laugh more and more

No image

「M-1グランプリ 2007」を観た。今回のサンドウィッチマンの優勝は小粒に見える。オール巨人が、「新しいものを観れるか、鍛えられたものを観れるかだが、後者が見れることが嬉しい」っつったのは、かなりオトナな反応やのう、と思う。鍛えに鍛え上げたトータルテンボス、キングコングが勝てなかったのは何故か。スピード漫才の限界、とみるのが、まずは妥当かなとは思うが、やはり、彼らには、「狂気」ちゅうか、「まがま...

  •  0
  •  0

ようこそ後輩

No image

中学の後輩 ケンドーコバヤシ高校の後輩 ほっしゃん。大学の後輩 フットボールアワーの岩尾なかなかそうそうたるメンバーだけど、なんでどいつもこいつもブサイクなんだ!...

  •  0
  •  0

ザッピング漫才

No image

嫁はんに頼まれて録画したついでに、「ネタ祭り・2007夏」という、漫才・コントのテレビ番組を見た。スタジオやホールではなく、野外のライブ会場っぽい場所での、収録放送である。こと話芸において、演者と観客による、場の空気の共有、言い変えれば、「人口密度」が、芸の成立という面で非常に重要なファクターになるのだが、そんなことは、これっぽっちも考えられていない、大仰なオープンセットとタレント芸人見れれば満足...

  •  1
  •  0

当代芸人伝

No image

↓最近ハマっている柳原可奈子1.カリスマショップ店員2.総武線の女子高生本人のブログも面白い。ネタの構成に無駄がないのと同じで、言葉の選び方のセンスがいいと思った。一発でファンになった。芸風にもっと幅が出れば、友近を超えられるかも。ベタなところをここまで掘り下げられるのは当代髄一では?イッセー尾形とかに感想を聞いてみたい。...

  •  2
  •  0

チュートリアルと「とかげのおっさん」の接点

No image

遅ればせながら、録画しておいた「M-1グランプリ2006」を観た。やはり特筆すべきは、優勝したチュートリアルのネタ2本だろう。テレビで見ていてもダントツに面白い。他のコンビは、面白いんだけど、どこか批評する目で見ている冷静な自分が居るのに、チュートリアルの時は、完全にただの観客に成り下がってヒーヒー言わされてしまった。 ボケ担当・徳井は、価値観、というか、感性がひんまがったキャラのまま、最後まで素...

  •  4
  •  0