お盆休み
2011/08/17(Wed)
怒涛の盆休み5日間が終わりました。

12日(金)

家族4人で車で大阪へ。朝、コンビニでパン、おにぎりなど、めいめい食べたいものを買い、移動しながら。子供が大きくなるにつれ、移動がどんどん楽になる。恒例のしりとり大会をしながら大阪着。両親と兄嫁、甥っ子とで焼肉店へ。こんな店、前はなかったぞ。しかし駒川商店街の活気のなさが気になる。実家へ戻って水菓子、バウムクーヘンなど。食ってる間に眠くなってきて仏壇の前で昼寝。起きたら横で父親も寝ていた。御年80歳、少し小さくなった。夕方、実家を辞し名古屋へ。大した渋滞もなく夜到着。「丸亀製麺」でかぼすぶっかけうどん。T蔵どん情報によると、丸亀製麺はどの店も店の什器、厨房機器、店舗レイアウトが同じだそうだ。

13日(土)

家族4人プラス、猫2匹の混成旅団で、名古屋から広島へ。トトとベスちんをべつべつの猫ゲージに入れて捧げもち、こどもはバットケースをたすきがけ。異様な風体の一団。猫のゲージを持って駅を歩いていると、わざわざかわいいと言ってくるのは彼氏連れの女子が圧倒的に多い。うちの猫利用して可愛い度あげてんじゃねえよ。
昼、高島屋名古屋店でサンドイッチ、巻き寿司など購入して新幹線乗車。猫は乗車賃、広島まで270円也。泣き叫ぶので猫ゲージはデッキに置き、交代でキャンプ用折りたたみいすで猫の番。せきしろ+西加奈子「ダイオウイカは知らないでしょう」。
新幹線、JR呉線を乗り継いで広島の嫁はん実家到着。最寄り駅に迎えの車、猫のゲージと荷物だけ載せて走り去る。なぜだ。まあいつもそうなのだが。全員、徒歩で実家へ。甥っ子姪っ子が大歓迎。夜、庭でバーベキュー大会。例年、火おこしと焼き係を拝命しており、今年も懸命に焼く。前半、ウインナーその他で子供の腹をふくらませてから、そごうで買ってきたという竹皮包みの高級肉がおごそかに登場。しかしその頃には当方もビールで酔っ払ってしまっており、味は不明。

14日(日)

家族4人、嫁はんの両親、妹一家の計10人、車2台で「グリーンピア安浦」へ。猫2匹はお留守番。グリーンピアは、もともと厚生年金基金で立てたムダリゾート施設で、数年前やり玉に上がった際、呉市に払い下げられた、というか押し付けられた施設。必死で運営してるようで、公営の割には手入れが行き届いていて快適。雇用もかなりあるので市としては潰す訳にもいかんらしい。
流れるプール、既に水温は体温とあまり変わらない。それでもちゃぶちゃぶと楽しく子供たちと流される。お昼はお義母さんや嫁はんらが早起きして作ってくれた、重箱のお弁当。から揚げ、おにぎりなど。夜はグリーンピアのホテルで懐石。刺身が美味しかった。またもビールを頂く。食後、イベントの花火大会を見に外へ。アトラクションがものまねの矢沢C吉(!)、長渕勇次(!!)。長淵さん、youtubeで検索してみても、博多のスナックで歌ってる姿しか出てこない。物まねはともかく、トークが恐ろしくつまらない。しかも花火の開始時刻になってもダレダレのトークが続く。イギリスだったら暴動が起こってるだろう。

15日(月)

ホテルで一泊。朝はホテルのバイキング。自分たちの子供のときは、バイキングというだけで山盛り取り過ぎて食べきれず、親に怒られたりしたもんだが、最近の子供は食べたいものをちゃんと食べられるだけ選んで食べている。それに比べて、特に食べる必要のないフルーツポンチをお代わりしてしまう自分が可愛い。いや醜い。
車で西条のお義母さんの実家へ。おばあさんと叔父さん夫婦、息子の4人家族が同居。そこへ関東にいる長女が里帰りしてきて、総勢17人で、離れの軒先にゴザと長机を並べ、宴会が始まる。オードブルやお寿司など大量。おばあちゃんが畑で育てた枝豆ととうもろこしがめちゃうまい。H蔵ちゃん、とうもろこしばかり食べている。それと流しそうめん大会。庭先に雨どい、はしごなどを使って流しそうめん装置を作ってもらい、ポンプで汲んだ冷たい井戸水でそうめん流し。そうめん大好きT蔵どんが最上流に陣取っている。あとでブドウやみかん、ゼリーを流してもらうサプライズもあり、子供たち大喜び。おっさんたちはビール飲んでヘラヘラ。
夕方、西条を辞し、再び嫁はんの実家へ。夜、てんぷらと手巻き寿司大会。最年少の甥のはるくんが、巻き寿司ではなく握りずしをイメージしていたらしく、延々と握り、しかもタマゴの握りを握らされる。途中でママに交代、美味しくビールを頂く。

16日(火)

この日になってやっと、研修の宿題をやるためにわざわざパソコンを持ってきていたことを思い出し、早朝、申し訳程度に原稿書き。現実逃避で中川家の「大阪のおばちゃんの物まね」の動画を見ていたら朝ごはんの時間に。スープ、ヨーグルト、果物、トースト。実家近くの美味しいパン屋さんのトースト、厚切りにして食うと超うまい。H蔵ちゃんは、前日西条でもらってきたメロンを3切れ食べてご満悦。
昼前、飛行機で東京に帰る僕を送りに広島空港。なぜか全員ついてきてくれた。昼時でいっぱいなので分散。T蔵どんと尾道ラーメンを食す。まあそこそこ。
皆に別れを告げ、満席のANAで羽田着。お盆休み撮った動画を見ながら五穀ご飯、納豆、味噌汁。


きょうはさすがにビールはやめといた。
この記事のURL | 家族 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
帰郷
2011/05/16(Mon)
ただいま実家のある大阪です。今から高砂(兵庫県)です。
それにしても、大阪のおばちゃんのチャリの「さすべえ」装着率はパない。



ものすごく久しぶりに、一人で実家に泊まった。
年老いた両親は、耳が遠くなったり、延々と同じ話を繰り返したり、
物忘れ率がはげしくて混乱、メダパニのじゅもんでも唱えたようだったけど、
まあまあ元気そうで良かった。

40才にもなって、「おまえ最近、ちょっと太ったんとちゃうか」とか
「小魚を食べろ」とか、いろいろ小言を言われるのも、なんやら、くすぐったい。

これから出張だと言うのに、焼き海苔のでかい缶を持って帰れと言われ、
こればっかりは断ってきた。
昔から、なぜか、しいたけ、昆布、海苔などの乾物を、帰りに
持たせようとする、うちの両親。江戸時代か。

朝、いいと言うのに門までお見送り。
振り返ると、あたま真っ白で、体脂肪1%の極細のおばあさんが
耳カキのようなシルエットで、手を振っていた。


5月。つつじの花が咲いている。




この記事のURL | 家族 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
手玉にとられる
2010/11/06(Sat)
T蔵どん 「父ちゃん、問題です」

ワシ 「はいはい」

T「1たす9たす3はなーんだ」

ワシ「13やろ」

T「ブッブー。答えはいっきゅうさんでーす」

ワシ「あーなるほどね(この小4め・・・)」

T「それでは次の問題です。1たす5はなーんだ」

ワシ「(どや顔で)分かりました!答えはいちご!いちごでーす!」

T「(素の顔で)ブッブー。答えは6です」

ワシ「何ー!ほなワシから問題や!

  1たす5はなーんだ!(答えの逆を正解にしてやろうと意気込みながら)」

T「いちごか6でーす。さー宿題しよーっと」



ワシ「工工エエエエェェェェェヽ(゜Д゜;)ノ゛ェェェェエエエエ工工」
この記事のURL | 家族 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
連鎖
2010/10/17(Sun)
来週は久々に関西ツアーです
月曜は大阪 火曜は神戸 
ちょっと実家にでも顔を出そうかしらん

最近ちょいちょい 母親から
「いや、別に用事はないねんけど」
という電話がかかってきます

ほんまに用事が無いようで、
「あんた最近、体のかゆいんはどうなんや」
と小学校の頃の症状を尋ねたりする

いつまでたっても子供は子供のようです

遠い将来 嫁はんも、遠くに住んでいる
T蔵どんやH蔵ちゃんに
「いや、別に用事はないんやけど・・
 かぜ引いてない?あんたは小さい時から副鼻腔炎が・・・」
とか、電話する日がくるのだろうか
この記事のURL | 家族 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
休みの日の出来ごと
2010/10/11(Mon)
この3連休はは名古屋に帰っていました


ゴルフ道具を持ち帰り、近所の打ちっぱなしへ行きました
90分1000円打ち放題 田舎は激安です
いつもモンペを履いているおばあちゃんが、
今回なんと、裾にレース模様のの入った
黒のレギンスを履いていました
悪い夢でも見ているようでした


H蔵ちゃんとオセロをしました
H蔵ちゃんはよそ見をしていると、こっそり
勝手に白ばっかりに裏返すので油断できません


T蔵どんとは将棋をしました
彼は将棋教室に一時期通ってたこともあり
こてんぱんに負かされました
「すぐに終わらせないよ!真綿でクビをしめる
ように攻めるから」と言われました
悪魔のようですが、難しい言い回しを知っていた
ので良しとしました


それはそうと、今月の末に、また会社の研修で
独自のテーマでレポートを書かなければ
ならないのですが、まだテーマを決めていません

その事を朝食時、家族に相談したところ、
他の人が「海外拠点戦略」とか
「上杉鷹山の藩政改革に学ぶ企業刷新」とかを
テーマに上げているのに並んで、私の論文テーマは、

「アサガオのかんさつについて」

に決まりました。

大変なことになりました

この季節からアサガオを育てるのは無理です(そこかよ)
この記事のURL | 家族 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
デリシャス・バー
2010/05/24(Mon)
うちの子たちの一番こどもらしくないところ、それは
「うまい棒」が嫌いだというところです。

うまい棒を食べない子供がこの世にいるなんて!
 (「コンソメ味」の粉を口から吹き出しながら)
この記事のURL | 家族 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
焚き火の話
2010/05/01(Sat)

大学の後輩(といっても随分下ですが)が相次いで結婚。
風凛、ぐりこ、おめでとう。
それからつばさ、おめでとう。(まだこれからみたいだけど)


私も13年前、落研同期のぴいちと結婚しました。

まあ幸い、その後特に問題もなく十数年経ちましたが
今になって思うのは、付き合って結婚するまでの
熱量とか「うまの合い具合」だとかが、その後、
5年後、10年後 同じ形でバランスを取り続ける
ことは絶対にない、ちゅうことです。
価値観の変化や仕事の環境、経済状況、健康、・・・
どっちかというと面白くない要素が、どんどん加味されてくる。

僕は結婚生活は「焚き火」やと思ってます。

コンスタントに薪をくべないと消えてしまう。
雨が降ったり風が吹いたり、薪が足らなくなったり
湿った薪をくべて煙が出ることもあるでしょうし、
隣の焚き火に薪をくべてしまうこともあるかもしれません。
最初ぜんぜん燃えなかった薪が、途中から突然燃えはじめる
事だってあります。景気よく燃えていたと思ったら、案外さっさと
燃え尽きる薪もある。
その薪がどんな薪なのか、火にくべてみないと分からない。
でも焚き火は、風を防ぐ壁を作ったり、薪をきちんと乾かしなおしたり
努力次第で何とか燃え続けます。特に、いったん一番太い薪が
燃え始めたら、ちょっとやそっとでは消えないものです。
その一番太い薪が何なのかは、夫婦ごとにきっと違うものなので
そればっかりは「火をつけてみないと分からない」としか言えません。
またその薪が最初から燃えるとは限らず、逆に最後まで燃え続ける
保証も無い。それでもやっぱくべるわけです薪を。絶やす訳には
いかんから。

その火の行方は神様だけが知ってるんでしょう。
そして最後の火が消えるとき、


「いい焚き火だった」


と思って死ねたらいいなと、常々思ってます。

幸、多かれ。
この記事のURL | 家族 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
土日、自宅にて
2010/02/16(Tue)
Image277_R.jpg


パンツを首からかぶせられエリマキトカゲみたいなトトと
獲物を得意げに抱えるT蔵どん(下半身すっぽんぽん)
この記事のURL | 家族 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
謹賀新年
2010/01/01(Fri)
みなさんあけましておめでとうございます

ことしのうちのバカ年賀状はいかがでしたでしょうか
ソフトが「筆まめ」に変わりましたが、基本的に何も進歩していません
出してない方のために画像貼ります(はがきサイズ)

年賀状2010

単身赴任はもうけっこうなのですが
まだしばらく続きそうです
この記事のURL | 家族 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
僕たちの失敗(11)
2009/12/06(Sun)
H蔵ちゃん(小1)の、漢字の書き取りテストより。


もんだい:      「 もり と はやし 」

                       木
H蔵回答:      「 森  と    木 }



横!横!


                  おわり
この記事のURL | 家族 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ