「阿弥陀池」と私 (12)
2006/08/30(Wed)
これで、「阿弥陀池」の話はおしまいです。こんな長ったらしい話を最後まで読んでくれた方!ほんとうにありがとうございました。卒業して10年以上経つのに、書き始めると止まらなかった。とにかくこのときの絶望感、焦燥感、選択と集中、達成感、その他ごちゃまぜになったジェットコースター体験をとにかく記録しておきたかったのだ。

 あれから13年たった。冷静に振り返り、なるたけ客観的に自分を見て書いたつもりだ。そこで、やはりぶち当たるのは、あの引退公演は僕の「企画」が当たっただけであって、古典落語のもつ普遍的な面白さ、すなわち人間の喜怒哀楽への共感に起因する笑い、とは比較するべくもない、と言う劣等感。とにかくそのことについては、確信犯ではあるが、本流から外れたことをした後ろめたさ、みたいなものは、やはり、今でもずっとつきまとっている。もし生まれ変われるなら、落語が上手な人に生まれ変わりたい。でも・・・今のギャグっぽい嗜好の自分は残しておきたい、という気もする。(どないやねん)
 だから、「結論としておまえの阿弥陀池は、つまるところどうやったんや」と聞かれると、いまだに結論出ませんわ、としか答えようがない。今回ブログに書いてみて、改めてその、結論出なさ加減に自分でも驚いています。そらそうやがな、落語は4回や5回人前で演じたくらいで、結論出るような芸と違うわい、と開き直りつつも、おいそれとはその頂きを窺う事ができない芸能に、曲がりなりにも触れ続けられることは、自分の人生にとって幸せなこっちゃな、と悦に入ったりもする。

 ただ、現役当時の、自分全てを賭けた舞台、それに勝るものに合間見えることはもう無いだろう、みたいな軽い絶望感はある。いくらOBが上手でもセンスがよくても場数を踏んでいても、かなわない、「ほとばしるもの」を持っている。だからこそ、現役の皆さんにはお願いしたい、舞台から何かをほとばしらせることで、後輩に歴史をつないでほしい。それ以外は、極端な話、どうでもええことですわ。自分の落語で悩め。苦悩の泥沼でのた打ち回れ。いいですか、人生には「寄席前」と「寄席当日」しかないのです。どこかの舞台で、全てを賭けてみてください。

「落語大学」に関してはいくらでも書きたいことがある。昔のことばっか思い出してもいられないけど、思いついたら又書いてみたいと思います。
この記事のURL | 「阿弥陀池」と私 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ