えらいこっちゃ
2006/11/29(Wed)
えらいモノを頼まれた。発端は、先日の、マイミクはやてさんの披露宴でのスピーチ。そのときのいい加減な僕のトークを、なぜか、同席していた、はやてさんのジャズボーカルの師匠、プリスカ・モロツィ様が御気に召したらしく、今週末のボーカル教室の発表会の司会をお前がしろ、との指令が、はやてさん経由で飛んできたのである。いくら素人の発表会とはいえ、人様の、しかもほとんど面識がない人たちの司会進行をしろだなんて、緊張でチンコが縮こまったあまり、女のコになってしまいそうである。何の話か訳が分からなくなってきたが、とにかくアドリブのトークは、自分的にはものすごく苦手で、用意周到に準備できないと、ただの、セリフをかみまくっている、意味不明のおっさんでしかないのである。困った。実に困った。だいたいジャズって何だ。僕のipodには、ジャズのミュージシャンは一人も入っていない。映画で「スイングガールズ」と「ジャズ大名」を見たことがあるくらいだ。困ったなあ。まめぞう最大のピンチである。
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ