スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本棚の一角は赤い背表紙が今も占領
2007/11/29(Thu)
ふと何かの拍子に、昔読んだ短編小説が気になってしょうがなくなり、
本棚をひっかき回して再読する事がありますが、先日、筒井康隆の短編「鍵」の
ラストシーンを突然、風呂の中で思いだして猛烈に読みたくなり、
パンツもはかずに本棚の筒井康隆ライブラリーを探したが見当たらず、
あきらめられずに翌日、パンツもはかずに本屋へ。
たしか「バブリング創世記」って短編集に収録されてた記憶があるのだが。
ないなーないなー、ないないなーと笑い飯のようにつぶやきながら探していると、
自選短編集・ホラー編に、トリを飾る作品として収録されていた。

短い話だからすぐネタバレになるので、詳細は書かないけど、
いわゆるホラー的なアイテム(霊、怨念、超常現象など)は一切出てこない。
売れっ子ルポライターの「おれ」が、ふとした事から始まった、
鍵にまつわる過去への連鎖。そして、とうとう、自ら封印してきた
「あの事」に行き着いてしまう・・・
読んだことない方は是非。

筒井康隆をひたすらオモシレーと思って読んでた中高生の頃は、
そのアイデアの突飛さ、エロさ、疾走感がたまらんかったけど、
今になって読み返すと、その文学としての完成度の高さにうなってしまう。
確信犯なのだ、全てにおいて。

それにしても、「わたしはチンコをだした」の筒井氏の表現、

「おれはペニスをまろび出させた」

は、そろそろ広辞苑に登録してもいいくらいの
すぐれた文学的表現だと思います。

そして、本日のブログで、女性読者諸姉に性的な記述で
不愉快な思いをさせてしまった事、深くお詫び申し上げます。
(まろび出させたまま一礼)

スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。