銘菓探訪
2009/12/26(Sat)
今日は久々に、名古屋の自宅に帰ります

東京駅で、珍しい手土産を見つけました
カスタード餡にスポンジ皮
特徴的なのは、バナナの形をしていることです
こんな斬新な意匠は、地方出身者には思いつけません。
きっと白金あたりの奥様たちは連日、この甘露の味を貧っているものと推察します
目の眩むようなブルジョアジーに 私のような庶民は羨望に身悶えするばかりです

しかしバナナを摸した菓子であることに、食べる前に気付き、助かりました
もう少しで、皮をむかずに食べるところでした
恥をかかずに済んだ
また一歩、東京ナイズされてしまいました

どんどん洗練されていくなあ俺
この記事のURL | 携帯から | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ