スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海兵隊がやってきた
2012/08/24(Fri)
先日お伝えしたとおり、明日は横浜で寄席がある。(詳細はこちら

前回、初めて行ってみてびっくりしたことがある。

今になって正直に告白すると、僕と、一緒に行った某落大OB夫妻は、この地理的には完全アウェーの寄席の客席が、どう考えても埋まっているとは考えられず、なるべく開演ぎりぎりに行くというセコい手を取ったのである。演者のつばが飛んでくるような場所に座らされて後ろ誰もいません、みたいな事態を恐れたのである。だったらお前らが情宣(客引きのこと)をしろ、と怒られそうだが、それが出来なかったのはたぶん、太陽が黄色かったからなのである。新潮文庫の100冊を読んでおいて本当に良かった。

ところが、恐る恐る行ってみてビックリしたのだが、会場の20畳ほどの和室はもうほぼ満席で、わずかにあいた空間に座らせてもらったような感じ。これは席亭のてまりさんの実力なのか、何なのかまだ確かめていないのだが、とにかく満席。寄席の成功のひとつの指標は「人口密度」なので、これはもうバッチリであるなあ、と辺りを眺めていると、更に衝撃的なことに気がついた。

まわり、40から50くらいのオバちゃんが多いのである。

普段慣れてないと、人前で笑う、こと自体がはばかられるのか何なのか分らんが、とにかく笑ってもらえない寄席、というのが実際には存在して、そうなった事態を打破するのは非常な困難を伴う。打破できないまま寄席が進行すると、はっきり言って地獄である。その点、非常に笑いの沸点が一般的に低い前述の人種の方々が一定数いらっしゃっている、というのは、酔っぱらいの喧嘩にアメリカ海兵隊が仲裁に来たようなもので、頼もしい事この上ないのです。

明日も、海兵隊が1個連隊上陸し、菊名に平和が訪れている事を確認しに行きたいと思います。
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<08/25のツイートまとめ | メイン | 大喜利と私>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mamenov.blog64.fc2.com/tb.php/1086-a037c010

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。