スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まんこわと私(9)
2013/10/31(Thu)
私はネタ帳をevernoteで書いており、ファイル毎のデータが表示されるのですが、
それでまず比べてみると、

・元住吉はらはら寄席Ver.(約18分)  文字数 6,348
・池田予選Ver.(約9.5分)         文字数 3,778

結果的に、文字数にして約40%減となるまで絞る必要があった訳です。

ただただセンテンスを減らした訳ではなくて、私は今回、(今数えてみると)
自分で考えたギャグ、くすぐりを全部で21箇所、全体にばら撒きました。
単純に追加する形だとその分、長くなってしまうので、旧来のセリフを自分なりに
「こっちの方がおもろい」と思える内容に変更する、いわば
「スクラップ・アンド・ビルド」方式で入れ替えた部分も相当あります。
その上でお話の起承転結(この話の場合は大した起承転結はありませんが)
を崩さないよう、自分なりに注意を払いました。

今回、プロの落語家の「饅頭怖い」は一切聴いてません。真似したくないとか
そういう意識はあまりなく、自分でどこをどうやったら面白くなるか、一時期
朝から晩までそればっかり考えていました。嫁はんからは「また
枝葉を増やすのか」と笑われましたが。

また、私はネタがテキストで目の前に形になっていないと安心できないたちなので、
ネタ帳印刷する→ネタ覚える→ネタ繰る→ネタ帳を赤ペンで修正する→印刷するの
ループを5,6回は繰り返したと思います。
朝、ネタ繰りながら駅まで歩き、朝食をとるモスバーガーでネタ帳をペンで修正し、
会社帰りに駅前のカラオケボックスでネタ繰りを大声でして、携帯で録画した
動画を見て「ここ面白くない、どうしよう」と落ち込み、翌朝モスでひらめいてまた修正、
の繰り返し。加えて時間を10分に収める戦い。削り、ひとこと付け加えて
また時間をストップウォッチで計り。
ようやく最終形になったのは、10月の初旬、本番の約2週間前でした。

不思議なもので、他の演者さんもそうだと思うのですが、絶対10分以内に
なんかなりっこないと思っていたネタが、最後の最後には、もともとそこにあったかの
ように、これ以上変えようのない姿になって目の前に現れてくる。

最後の1週間、もうそれこそ私は祈るような気持ちでネタを繰っていました。

我に力を。言の葉を介してお客様の耳朶を打ち、
我がオモローが全てのお客様と共有されんことを。

10月18日、かなり精神的には、あっちの方へイってしまっている状態で、
私は大阪へ向かいました。(つづく)
この記事のURL | まんこわと私 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<10/31のツイートまとめ | メイン | まんこわと私(8)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mamenov.blog64.fc2.com/tb.php/1473-5dfef394

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。