スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
寄席点描(140111越谷、140112水戸)
2014/01/13(Mon)
土、日と社会人落語をタップリ観てきましたので、
記録もかねてご報告します。

1月11日(土) ほっと越谷寄席

遊若  「皿屋敷」
駄咲  「時そば」
朝楽  「羽衣の松」
春木  「権助提灯」

東輔  「お楽しみ話」
かね平 「代書屋」
笑吉  「三方一両損」

遊若さん、いつも見てて思うのですが、この方の口調は、音程とかテンポ、抑揚がリニアに変化するのが聞いてて凄く快適で、途切れる事のない曲線のループを見ているかのよう。ネタは相当改作されてて、古典をああいう風にいじるのは冒涜だと思う(お前が一番言う資格ないぜ)、というのはウソで、かなりチャレンジングな内容。所作ちうかビジュアル的な演出も含めて作りこんでて、どうやったらこんなに自分を客観的に観れるのかと感心しました。幽体離脱?

駄咲さん、道化が演じられるのは本当に頭がいい人である、と良くチャップリンとかが評されるのを思い出しました。駄咲さんの演じるアホ(って言っていいのか江戸は。よたろう?)は本当に面白い。人類が全員こんなにアホだったらこの世はもっと平和だったろうに(その代わり発展もしなさそうだけど)とすら思えてしまう。また右の人物で笑いを取るタイミングや感情も的確で、じむちょうさんの100本ノックで鍛えておられるんだろうなーと感心しました。

朝楽さん、地噺でサラッと粋な世界を短い尺で。こんな名人が普通に出てくる越谷はほんまにすごい団体だと思います。少数精鋭、軍隊で言ったらスイス軍みたいな感じ。(たとえ変)

春木さん、シュッとしたイメージが先行してて、それはご本人もイヤなんだろうなという気がしてました。マクラとかも腹立つくらいお上手で、今日もリセッシュ並みにシュッとしはるのかと思いきや、ガンガンに笑いも取っておられて向かうところ敵無しといった感じでした。参りました。もうずっと遊若さんにいじめられてて下さい。

東輔さん、ご自身で吉原に行った事があるという筋金入りの遊び人(なんだろう)。実体験を基にしたトークだけに抜群に中身が面白い。話はずれるが、ときどき口にされる「落語がね、やりたくってしょうがないんですよ」という言葉にいつも参ってしまう。是非復活高座を拝見したいものです。この日はお気に入りの小遊さんが来てなかったので、たぶん寿命が2週間くらい延びたと思います。(腹上死的なリスクが減ったという意味で)

かね平さん、もう何ちゅうか、バネの壊れたカラクリ人形が制御不能のまま代書屋に走りこんできたような壊れっぷりが最高に面白かったです。ああ、人物ってここまでやらなあかんのやな、と妙に納得もさせられました。おそらく東輔さんが尺が長かったので、かなり短めに終わらせておられ、ここはプロの寄席か!と戦慄。

笑吉さん、きょうは休演で代わりに昭和初期の名人の映像を・・・という趣向かと思ったら、良く見たらご本人だった。(当たり前)それ位ホンモノの落語に触れている感が強くて私のような外道はほとほと参ってしまう。これだけ、当たり前のことを当たり前にやって当たり前以上の結果を出せる社会人落語家の人は、そうおらんのとちゃうかと思います。


【余談1】「三方一両損」に出てくる人は、なんで元々自分のお金なのに受け取らないのか、そのメンタリティが分からん、という話を、翌日の打ち上げでしたら「あーやっぱり関西の奴は分かってねえ、お手上げだ」みたいなサジ投げフェイスを全員にされました。一旦自分の懐から出た金は受け取らねえ、それが江戸っ子気質なんだそうだ。しかしあの裁きは変だ。財布を落としたら1両増えるんだから、大阪だったら次の日から「財布を落とした人と拾った人と町役」だと名乗る3人組が大挙して奉行所に殺到し、あっちゅう間に財政難に陥ると思う。


1月12日(日) 常陽藝文学苑(水戸) 第十回「落語を楽しむ会」

ちゃん平 「卒業饅頭」
小遊    「寿限無三世」

風林火山 「敵は本能寺にあり」   
小遊    「羽根つき日和」

この日は会が始まって以来初の創作落語大会だとのこと。このお三方の落語がいっぺんに見られるチャンスはそうないので、早起きして水戸まで行ってきました。

ちゃん平さん、ネタおろしでこのクオリティは何でございますかっ。学校の先生ならではの保護者、生徒の観察が素晴らしかったです。ネタおろしということで一つ一つを確かめるように、新しいおろしたてのゴルフクラブで、飛距離確かめながらナイスショット連発、みたいな。最後のどんでん返しもまったく予測がつかず、完全にやられました。また、ちゃん平さんの時マイクの調子が悪くなり、途中でピンマイクに急遽交換するというアクシデントがありましたが、それもうまく笑いに変換してつないでおられたので、海兵隊のような強靭さを見せ付けられた思いです。

風林火山さん、初めての創作に挑戦されるというのに、前夜は普段どおり越谷でゴクゴクお酒を飲んでらしたので、僭越ながら巨神兵が立ち上がるのを見守るクロトワのような心細い心境でしたが、まったくの杞憂でした。巨神兵は水戸に現れました。普段のトークやミクシの内容から、知識の裾野の広い方だなーと思ってましたが、初作でいきなりの擬古典。使われる言い回しがそれらしく、時代考証というか雰囲気ばっちりです。あらすじは控えますが、先輩の人柄のよさが、どの人物にも滲み出た上でのナンセンスなドタバタで、どんでん返しもあり。僕には一生かかってもできない内容でした。

小遊さん、落語を拝見するのはなんか久し振りな気がして感無量でした。誤解を恐れずに書きますが、社会人落語に足を踏み入れるとたぶん誰もが小遊さんに「はまる」時期があって、自分にとってはそれが社会人落語を見始めて間無しの頃だったので、余計衝撃的だったのを鮮明に覚えてます。随分前にも書きましたが、この方の一番の凄みは、なんとなくある落語のセオリーとか文法をうまく無視して、全然ちがうフォーマットを出現させられるとこだと思っています。もとより男性が演じる構造でしかない落語を、「おんな」が演じて最大限の効果が得られるネタ作りに変換できてはるのは当代髄一ではないでしょうか。

【余談2】打ち上げは「風林火山先輩の池田必勝プロジェクト」みたいになり、熱心に軍師・ちゃん平さんが、とあるネタを先輩に薦めておられ、その熱心さはまるで、プルトニウムの先物取引を熱心に勧める外資の証券マンのようでした。

                       おわり。
この記事のURL | 落語 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<01/13のツイートまとめ | メイン | 01/12のツイートまとめ>>
コメント
- 御礼 -
ご来場ありがとうございました。
ほっと越谷出演者に素敵な論評頂きありがとうございます。また、行けなかった水戸の様子も手に取る様にわかり助かります。
私は、相変わらず遊若さんにいじめられ現在進行形ですのでご安心下さい。
2014/01/13 18:20  | URL | 春木 #-[ 編集]
-  -
ありがとうございます豆さん!いえ豆様!
豆様の感想を読むたびにたいへんな人にいつも
見られてるんだと思うのしにいつも本番では
豆さんの豪快なリアクションに救われて安堵!
とか思ってしまってます。
拙作を百倍返しくらいに捉えていただき
穴があったので入ってプレーリードッグとして
暮らします(一生)
才能があれば現代ものを、「山田くん!」とか
「やまちゃん来てる?」とか「法的には有効なのか!?」
とかセリフでやりたいです。
ちゃん平さん小遊さん勉強させていただきました。
確かに打ち上げでのちゃん平さんは
「晴れた日に傘を貸し雨の日に取り上げる」
人かな?(笑)と思うほどでした。嘘ですちゃん平さん。

豆さんの創作も聞かせてくださいませ!(年内)
2014/01/13 18:31  | URL | 風林火山 #ED7vNPLs[ 編集]
-  -
昨日は、あざーっす!
いつもいつも、身の置所がないほど褒めていただき、
もう、後ろの海に飛び込むしかないほど、追い詰められています。
当代一の改作テロリスト(もしや未来の創作落語の最終兵器)に
前でいっぱい笑ってくださったのが有難かったですが、
一番うれしかったのは、一番最後の方の
「そんなアフリカ人みたいな名前が良かったんだ。ごめんなさい」の
「ごめんなさい」でクスッと笑ってくれた所です(笑)

ちゃん平さんと先輩の創作、すっごく面白かったですねーー!!
どんでん返しは、なきゃいかんのか!みたいな(笑)
凝った作りで、これぐらい構成をきちんと作らなきゃだめなんだなー!と、
ため息出ました。
7時間打ち上げにも、幸せ感じました♪
2014/01/13 20:21  | URL | 小遊 #-[ 編集]
-  -
水戸までお越し頂き本当にありがとうございました。ご散財をおかけしました。
僕の高座は「誉めるところ」などないはずなのに、恐縮です。お客様の感想でも「最後の方わからなくなった」と言われておりまして、何ともお恥ずかしい限りです。
先輩&小遊さんの高座を拝見できたことは遠征された甲斐がありましたね。
こんどは豆蔵さんの高座を拝見することを楽しみにしています。

打ち上げでの暴言の数々失礼しました。先輩、申し訳ございませんでした。どうか僕が言ったことお忘れなって下さい。すみませんでした。高座よりも反省しています。
2014/01/14 01:42  | URL | ちゃん平 #-[ 編集]
-  -
越谷、水戸、それぞれの熱気が行間から伝わってきました!ちゃん平さん、風林火山先輩のネタおろし創作落語については、もうちょっと内容に触れたことを書いて欲しい~という欲求と、ダメよ!ダメダメ書いちゃダメ~ッと叫ぶ私がいて、すでに9割ほど身を引き裂かれています。(誰かあとでくっつけといてねと言い残し、今日も定時退社)

こうなってくると関東の創作落語戦国絵巻は、それだけで落語になりそうな勢いですね。3年後、いや、5年後でもいいから、いつか私もこの戦乱の世に足軽の下足番みたいな格好でもいいから参戦したいと思いました。(だからそれまで誰も天下統一しないでねー。)
2014/01/14 16:14  | URL | さえ #-[ 編集]
- 社会人落語のストーカー様より、 -
お前はこの有り難いブログを読まず、コメントも書かず、いったい何をやっているんだ!?
という叱咤のメールを受け取りまして(笑)慌てて駆けつけました!!

改めて、越谷へのご来場有り難うございました。
客席から頂けるまめぞうさんの笑い声は勇気百倍です!
誰にも拾ってもらえなそうな偏ったクスグリでも(そもそもそこに問題があるのだが)貴方の「ふひゃっ」の一声で、私は救われるのでありました。
春団治聴いて出直します!
幽体離脱?打上げではしばししていたという噂が (^^;)

こんなに暖かい感想を書いて頂け嬉しい限り。
拝見するのが遅くなり失礼致しました!
ほっと讃歌は“落語”の讃歌ッ!!ほっとの素晴らしさは人間の素晴らしさ!!・・・・「ふひゃっ」お願いします。汗

Tさん有り難うです(^^)
2014/01/15 10:07  | URL | 遊若 #-[ 編集]
- ご来場、ありがとうございます -
ほっと越谷寄席、ご来場、ありがとうございます。
また、お褒めの言葉、ありがとうございます。

昭和の落語、好きなんですよ。
なんか、それが伝わったみたいで、本当にうれしいです。

それにしても、豆蔵さんの文章は面白い。
エッセイ本、出せますよ。

前座噺の会で、またお会いできることを楽しみにしております。

2014/01/15 21:12  | URL | 笑吉 #-[ 編集]
-  -
皆さんコメントありがとうございます!

>春木さん こちらこそありがとうございました。
      今年も突っ走ってみんなをリードして下さい。
      遊若さんからのディスに対しては、ひたすら
      マグロの受け身でお願いします。

>風林火山さん こちらこそありがとうございました。
        古典がきっちりできる方は創作もできる、
        というセオリーがまた確認できました。
        日本酒の飲み方教えてください!

>小遊三さん  こちらこそありがとうございました。
        変なとこで笑ってたらすいません。
        オダジョリギー、ひさびさでした!
        風林火山さんとちゃん平さんのネタお
        ろしに立ち会えたのは、後々ジマンでき
        ますねっ!

>ちゃん平さん こちらこそありがとうございました。
        打ち上げでも色々と面白い話を聞かせて
        頂けてよかったです。特に「ここだけの
        話、」の繰り返しは、ぜったいどこかで
        パクらせて頂きます!

さえ衛門さん  創作なんで、どんな話だったかは聞いて
        からのお楽しみかな?と思って、あえて
        内容は伏せました。さえさんも教養が半
        端無いんで、擬古典イケるんとちゃいま
        すか?(無節操に煽ってみる)

遊若さん    こちらこそありがとうございました。
        かなり酔うてはりましたよね。
        サイフを取りに行って、ずっこけてはる
        のは目撃しました。
        東輔さんに送り狼されてないか心配です。
        越谷の不可欠キャストとしてこれから
        もバンバン出まくってください!
        
笑吉さん    こちらこそありがとうございました。
        ネタを変えずにしゃべるって自分には
        できない芸当ですし、すごい練習量に
        裏打ちされている事もわかりますんで、
        いつも感心ばかりしてます。
        また普段着がいつもの地元のヤンキー
        風ジャージで安心しました。
2014/01/18 11:39  | URL | まめぞう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mamenov.blog64.fc2.com/tb.php/1539-da0d6655

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。