本谷有希子 「生きてるだけで、愛。」

前々から本谷有希子には注目していたが、ううーむ。
この最新作「生きてるだけで、愛。」の切れ味はなんなんだ。
すげえ。

このエキセントリックな物語を通じて、つきつけられるのは
男女の恋愛関係の、どうしようもなさ、である。
主人公の女は、もう、マジでどうしようもない女なのだが、
さらに、恋人に向かって言い放つ。

「振り回すから。お願いだから楽しないでよ」

愛とは相手を受け容れることだ、とはよく言ったものである。

中途半端な成長物語に仕立て上げず、恋愛感情のコアな部分に
フォーカスしたのが成功してます。
おすすめです。第135回芥川賞候補作。

写真を拝借しようとしてAmazonの本作のレビューページを見たら、
すごくいいこと書いてあったので、勝手に拝借。すいません。

世界の中心で愛を叫ぼうが。
今会いに来られようが。
そんな事は道端の小石程に価値が無いのです。
この腐った世の中で
僕らのような腐った男と女が
腐りきった恋愛を繰り返す。
それだけの事だ。


4103017716.01._SS500_SCLZZZZZZZ__R.jpg

Comments 3

さきちゃん  
はじめまして

こんにちは!また、遊びに来ますね。

2008/11/26 (Wed) 01:53 | EDIT | REPLY |   
まめぞう  

さきさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
というか、少し気になっているのですが
どちらのサキさんでしょうか。
僕の知り合いでサキさんって人は
スケバン刑事の麻宮サキくらいなのですが。

2008/11/26 (Wed) 23:16 | EDIT | REPLY |   
藍色  

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2010/12/03 (Fri) 15:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  生きてるだけで、愛 本谷有希子
  • あんたと別れてもいいけど、あたしはさ、あたしと別れられないんだよね、一生。母譲りの躁鬱をもてあます寧子と寡黙な津奈木。ほとばしる言葉で描かれた恋愛小説の新しいカタチ。 ねえ、あたしってなんでこ...
  • 2010.12.03 (Fri) 15:14 | 粋な提案