スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
露出プレイ初体験
2008/09/07(Sun)
男子たるもの、いちどは女の子の水着がヒョイッて取れたり
透けて見えたりする超能力を授かりたいものだなあ、と常々思っていたが、
まさか自分が、その被害に会う方に回るとは夢にも思わなかった。

また暑さの戻ってきた日曜の午後、家族でとなり町のプールに出かけました。
子供と「波の来るプール」の波打ち際で遊んでいると、嫁はんに腕をつかまれ

「ちょっと、水着、おしりのとこ、穴あいてない?」

え?とあわてて手をやると、なんということでしょう、お尻のドまん中に、しかも
直径3センチくらい、いや指ならラクに2,3本は入りそうな穴が
開いているではありませんか。しかも位置的に、
すぐにでもケツ毛を引っ張り出せそうなところ。
ジムに通っていた頃に買った競泳用の薄いテロテロの水着なので、
左と右のおしりがギュッと寄せられて、
ちょうど「すずカステラ」のように生ケツが見えているに違いないです。

いやしかし、ハッテン場の人に見られたら

「やらないか」

と迫ってこられても致し方のないシチュエーション。
いくらなんでも日中の市民プールで、
しかも嫁はんの目の前で犯されるわけに行きません。
どうせなら、清里のペンションの暖炉の前で、処女を
捧げたいものである。捧げるんかい。
僕はお尻を波打ち際で必死に下に押し付けましたが、
波で体が傾いた時に誰か気づくんじゃないかと気が気ではなく、
こんなに「波の出るプール」を憎く思ったことはありません。
嫁はんと子供は、周りで涙を流しながら、腹を抱えて爆笑しています。

スイミングキャップで不自然に隠して、壁際に速やかに後退し、
世界中の誰よりも後ろに来て、ようやく一息ついたとき、
重大なことに気が付きました。
波の出るプールに来る前、僕はH蔵ちゃんのために、
空いているビート板を探して、
混んでいるプールサイドをくまなく練り歩いていたのです。
すずカステラのままで。
そして嫁はんによれば、「波の来るプール」でも、波打ち際で、
かなり長時間突っ立って子供を眺めてたとのこと。
すずカステラのままで。

今夜、あちこちの家庭で、「そういやきょう、プールに変態が出た」話で
盛り上がっていること祈念して止みません。

水着から、直径3センチだけお尻を露出して、
プールサイドを練り歩く俺。

おととい、38歳になりました。

祝ってください。そしてもっと僕を辱めてください。
ああもう、どうとでもなれ。
この記事のURL | 家族 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<大相撲再建案 | メイン | 大丈夫、俺だけじゃない>>
コメント
-  -
芸人やね。
2008/09/08 12:25  | URL | ゴング #-[ 編集]
-  -
関大図書館の石像の横に絵の具まみれの豆蔵さんがポーズ取っているビデオを見た記憶があります。初めてではないでしょう。
2008/09/10 12:55  | URL | ふーりん #-[ 編集]
-  -
>魂愚さん

おほめ頂きありがとうございます。
喜んでて良いのかどうか、いち社会人として不安ですが。

>ふうりん君

それは千里寄席の「仮装情宣」ではなかろうか。
全身白塗りの「白虎社」にグランプリを持っていかれた
覚えがあります。
あと、喜太郎さんが、バイト先の「ホテル阪神」のサーモンピンクのバスタオルをまわし風に巻いてただけの姿で「花筏関」をやってはった。分かりませんがな、一般人には。
2008/09/10 13:01  | URL | まめぞう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mamenov.blog64.fc2.com/tb.php/505-a36b8232

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。