善を為す、それが作為であろうとも

「町山智浩アメリカ日記」より転載。
何回も見て、何回もじーんときた。




欧米ではよく本人に知らせないで誕生日とかのパーティを企画して
本人をびっくりさせるサプライズ・パーティというやつがありますが……。

場所はコペンハーゲン。

このバスの運転手さんの誕生日。

でも、いつものように出勤しています。

運転席に取りつけられたカメラは乗務員の監視用でしょうか。

そこにいつもこのバスを利用している常連客が乗ってきます。

歌っているのはデンマークのバースデー・ソングだそうです。



Comments 2

うーろん  

文化力というのはこのような洒落が生まれる土壌のことを言うのだろうね。

PS
レスラー見ました。
ええ映画でした。
サンクス。

2010/06/07 (Mon) 22:33 | EDIT | REPLY |   
まめぞう  

>うーろんさん

おそらくCMなので、かなり作為的だとは思うのですが、
それでも説得力のようなものが絵から伝わってくるので、
それはうーろんさんのおっしゃる文化力がベースに
なってるからじゃなかろうかと思います。

デモ隊の一幕でもう一押し来るのがいいです。

2010/06/08 (Tue) 08:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply