「阿弥陀池」と私 (12)
2006/08/30(Wed)
これで、「阿弥陀池」の話はおしまいです。こんな長ったらしい話を最後まで読んでくれた方!ほんとうにありがとうございました。卒業して10年以上経つのに、書き始めると止まらなかった。とにかくこのときの絶望感、焦燥感、選択と集中、達成感、その他ごちゃまぜになったジェットコースター体験をとにかく記録しておきたかったのだ。

 あれから13年たった。冷静に振り返り、なるたけ客観的に自分を見て書いたつもりだ。そこで、やはりぶち当たるのは、あの引退公演は僕の「企画」が当たっただけであって、古典落語のもつ普遍的な面白さ、すなわち人間の喜怒哀楽への共感に起因する笑い、とは比較するべくもない、と言う劣等感。とにかくそのことについては、確信犯ではあるが、本流から外れたことをした後ろめたさ、みたいなものは、やはり、今でもずっとつきまとっている。もし生まれ変われるなら、落語が上手な人に生まれ変わりたい。でも・・・今のギャグっぽい嗜好の自分は残しておきたい、という気もする。(どないやねん)
 だから、「結論としておまえの阿弥陀池は、つまるところどうやったんや」と聞かれると、いまだに結論出ませんわ、としか答えようがない。今回ブログに書いてみて、改めてその、結論出なさ加減に自分でも驚いています。そらそうやがな、落語は4回や5回人前で演じたくらいで、結論出るような芸と違うわい、と開き直りつつも、おいそれとはその頂きを窺う事ができない芸能に、曲がりなりにも触れ続けられることは、自分の人生にとって幸せなこっちゃな、と悦に入ったりもする。

 ただ、現役当時の、自分全てを賭けた舞台、それに勝るものに合間見えることはもう無いだろう、みたいな軽い絶望感はある。いくらOBが上手でもセンスがよくても場数を踏んでいても、かなわない、「ほとばしるもの」を持っている。だからこそ、現役の皆さんにはお願いしたい、舞台から何かをほとばしらせることで、後輩に歴史をつないでほしい。それ以外は、極端な話、どうでもええことですわ。自分の落語で悩め。苦悩の泥沼でのた打ち回れ。いいですか、人生には「寄席前」と「寄席当日」しかないのです。どこかの舞台で、全てを賭けてみてください。

「落語大学」に関してはいくらでも書きたいことがある。昔のことばっか思い出してもいられないけど、思いついたら又書いてみたいと思います。
この記事のURL | 「阿弥陀池」と私 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<単3電池1本で天国が垣間見える。 | メイン | 「阿弥陀池」と私 (11)>>
コメント
-  -
おつかれさま。
毎回、心待ちにする連載は、僕の中では
かつてなかった。感想は、またメールします。
この数日間、本当に楽しかった。ありがとう。
2006/08/30 16:33  | URL | 関大亭 茂八 #-[ 編集]
-  -
おつかれさまでした。

我々一回生はただワケも分からず「阿弥陀池オモシレー」とか言ってましたが、あの舞台に辿り着くまでの豆蔵さんの葛藤と高揚感を知ることが出来、良かったです。

また落語大学の話を楽しみにしています。
2006/08/30 17:34  | URL | 市松 #-[ 編集]
-  -
茂八さん

メール・コメント たくさんありがとうございました。
こんなこと書いてて何になるんだろ、と思いかけてましたが、
読者がいてくださるって、また中身に共鳴してくださる人がいるって素晴らしいなあと奮起してしまいました。

市松君

何を隠そう、これを書こうと思い立ったのは君の「落大 old days」を読んだからだよ。火をつけてくれてありがとう。この、火照りの収まらない俺の熟れた肉体をどうしてくれんねん。
2006/08/30 23:08  | URL | まめぞう #-[ 編集]
-  -
読ませていただきました。

途中からはうっかりコメント出せないぐらいの情熱が伝わってきました。

お疲れ様でした!!!!



2006/08/30 23:17  | URL | つばさ #-[ 編集]
-  -
コメントどうぞ。
2006/08/31 12:50  | URL | らいぶ #-[ 編集]
-  -
コメントどうぞ。
熱い。熱すぎる。「HOTTER THAN HELL」 やな。
全12話読み終え、会社のPCの前、心の中で思わず拍手を送った。
13年たった今でも、こんだけの想いを抱き続ける豆蔵に
感心も得心もした。
ほんまにええもん読ましてもろた。

中でもわしが一番興奮したんは、
3話、 <部内恋愛禁止なのに、こっそりと秘密で付き合っていた、
     花の家ぴいちさん・・・
現役のとき付き合ってたとは全然知らんかった。
興奮した。  

2006/08/31 13:38  | URL | らいぶ #-[ 編集]
-  -
>らいぶさん

ご無沙汰してます。勝手に登場させて申し訳ありません。また、読んで頂いてホントにうれしいです。
実は、書き切れなかった事とか、ちょっとこの場ではぶちまけられない心情とか、いろいろあるんですが、又それは場所を改めて・・・・

現役のころから付き合ってた、って、あれ?知りはりませんでした?
じゃあ、次は、部内恋愛禁止についてでも書きますか・・・
今はどうなってんのかな?

2006/08/31 18:13  | URL | まめぞう #-[ 編集]
-  -
>つばさ

君も読んでくれてありがとうさん。
君こそ、女性で学長張ってた位やから、
いくらでも言いたい事はあるんとちゃうの?
書け-書け-。
2006/08/31 18:16  | URL | まめぞう #-[ 編集]
-  -
はじめまして。
突然、今さらのコメント失礼致します。
ある人に教えて頂き、拝読させて頂きました。
OBの方に良かったと言ってもらえた場面では読んでいる私も涙が出てしまいました。
面白い小説を読んでいるような感覚で引き込まれてしまい、気づいたら一気に読んでいました。
豆蔵さんの落語をいつか見に行きたいと思っています。
2015/11/15 02:35  | URL | #-[ 編集]
-  -
どなたか存じませんが、コメントありがとうございます。
今でもそうですけど、私は本当に劣等生で、それでもなんとか爪痕残したいなと思ってジタバタしてたときのみっともない記録です。その続きを、まさかこの年になって始めることになるとは正直夢にも思ってませんでしたが。

また、機会がありましたら、落語会でご一緒できると嬉しいです。
2015/11/15 22:37  | URL | 豆蔵 #-[ 編集]
- 有難うございます。 -
豆蔵さま、拝読させていただきました。
私めも落研出身なので、本番前の妙な緊張感や、落語に対する先輩方の思い入れなど、身につまされることが多々ございました。それよりなにより、豆蔵さんの筆力に圧倒されました❗素晴らしい文章です!思わず引き込まれてしまいました!
当時の落研を取り巻く微妙な空気感を、ものの見事に再現していらっしゃる。すごすぎます!さすがは、読者がバイブルにするのがよくわかります。
思わず25年前にタイムスリップいたしました。重ねて感謝いたします。有難うございます。万年堂きさ馬拝
2017/04/24 21:25  | URL | 万年堂きさ馬 #-[ 編集]
-  -
きさ馬さん、読んで頂いてありがとうございます!コメントまで頂戴し、恐縮です!
正直在籍中はしんどいことばかりだったのですが、なんで辞めなかったかというとやはり「あんな風に爆笑とれるようになりたい」ていう夢を捨てられなかったのかなーと、今更ながら。その労力を資格試験とかに使えばよかった!(笑)でもあの頃があって、いまがあるのだなーと最近とみに思います。
2017/04/25 08:51  | URL | 豆蔵 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mamenov.blog64.fc2.com/tb.php/99-492a9867

| メイン |